• 淡路島に生まれ、親子三代、御菓子一筋80余年。
  • 御菓子処 長手長栄堂

国生み神話 国生み神話

長手長栄堂がある淡路島には、「古事記」「日本書紀」に記された「国生み神話」がございます。
長手長栄堂はこのロマンに満ちた素朴な島生み伝承を大切に伝えたいと考えております。

  • 古くは万葉の頃、「古事記」、「日本書紀」によると、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと)の二神が天上の「天の浮橋」に立って、「天の沼矛(ぬぼこ)」をもって青海原をかきまわし、その矛を引き上げたときに、矛の先から滴り落ちる潮(しお)が凝り固まって一つの島となった。これが「おのころ島」で、二神は、その島に降りて、夫婦の契りを結んで国生みをされた。初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生み、日本の国を造られたとあります。
    この「おのころ島」の所在地については色々な説があります。この国生み神話は元々、淡路の海人族(あまぞく)が伝えた「島生み神話」で、大和朝廷が淡路に屯倉(みやけ)をおいて、淡路島を直接の支配下におき、さらに「御食津国(みけつくに)」と呼んで、食料貢献の特別な地とした背景から、淡路の海人族に古くから伝わる「島生み神話」が宮廷に伝えられ、「古事記」や「日本書紀」の編纂期(奈良時代)に重なり、壮大な「国生み神話」となって語られたのであろうと言われています。

    伊弉諾神宮・中門

    ▲伊弉諾神宮・中門

  • ▲天瓊を以て滄海を探るの図
    (小林永濯・画、明治時代)
    右がイザナギ、左がイザナミ

  • 淡路島に伊弉諾尊・伊弉冊尊を祀る神社は、多数あります。中でも淡路の島の神として古くから島人達に尊崇されている「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」(淡路市多賀)は、すべての神功を果たされた伊弉諾尊が、国家統治を天照大御神に委譲され、幽宮(かくりのみや)を構え、余生を過ごされた故地とされています。

    ▲伊弉諾神宮・拝殿

    わたしたちが暮らす淡路島が、日本誕生のきっかけになったというのは島民であるわたしたちにとって、夢とロマンあふれるお話です。わたしたち長手長栄堂は、このロマンに満ちた素朴な島生み伝承を大切に伝えながら、淡路島の文化や風土を生かし、地元の特産品を素材とした御菓子づくりに日々精進したいと考えております。